フィットネスのホットヨーガとは

フィットネスクラブにおいて行われているホットヨーガとは、いったいどのようなヨガなのでしょう。一般的に行われているヨガとはどのように違うのか、また効果の違いはあるのでしょうか。

ホットヨーガと一般的なヨガの一番の違いは、行う環境が違うということです。ホットヨーガとは、室温が39℃前後、湿度は60%前後といういわゆる高温多湿の室内環境で行うヨガです。この室温は筋肉を一番柔軟にする温度であり、ヨガの動きやポーズの中で筋肉を伸ばすには最適な温度になっています。さらに高温多湿の環境は発汗を促し、ストレス解消や新陳代謝の向上につながります。

ホットヨーガホットヨーガのポーズにはあまり激しい動きのものはありません。高温多湿の環境で行うため大量の発汗になり、水分補給が追い付かなくなり脱水症状になるのを防止するためです。そのためホットヨーガは、呼吸法とストレッチに重点を置いた動きをメインに、普段あまり使わない筋肉を動かすことで、ヨガにおけるさまざまな効果を目指します。

このように非日常の環境下で行うホットヨーガですが、正しい知識を得ることで安全に行うことができます。体が硬いと全身の血流が滞ってしまい、肩こりや冷え性などを引き起こしてしまうので、全身の筋肉をほぐして血行を良くし、体を柔らかくしましょう。体内の老廃物を上手に排出することも、健康を維持する上では大事なことです。適度な運動による発汗は老廃物の排出だけでなく、ストレス解消や新陳代謝の向上、筋力アップや効率の良い脂肪燃焼などの効果も期待できますので、上手に体内の老廃物を排出して健康体を獲得しましょう。

Pocket